修理か交換になるのか・・・
2017.05.17
ワタクシの住まいは賃貸物件。
浅草の会社にも自転車で通え、親子4名+仕事場に十分な広さ。
そして納得のお家賃。
つまりとても気に入っている。

けれど2005年入居

ぼちぼちほころびも出てきたのでした。

1週間前のこと。
カミサン「お風呂場の蛇口からポタポタ水が落ちるんです」

管理会社の方「お伺いします」

予想では、分解し中のパッキンを取り替えて完了。・・・だったのだが、
実際は、
「こちらもう部品がない機種ですので、全取っ替えさせていただきまーす」
でこうなった。


そして今週
カミサン「ガス台の表面に亀裂が」
管理会社の方「お伺いします」

予想:表面のパネルを取り替えて終了。
実際:「こちらもう部品がないので、まるごと取り替えさせてください」

でこうなる。


「次は何にしよっかなぁー(^^)」とはすっかり気を良くしたカミサンの弁。

でした。


巨人・大鵬・玉子焼・・・・ではなく。
2017.04.29
昨日はぬいぐるみ7社合同展示会の打ち合わせ。
御人形で有名な吉德さん(創業300年超!)会議室にて
16:00開始。

何故こんな週末の夕方からなのかといえば・・・・
答えは簡単、終了後の懇親会を楽しみにしているから。

お店は当然いつもの加賀屋。
17時開始。
競合他社の壁を取っ払って、有意義(?)な時間を過ごしたのでございます。

私が選ぶ昨晩のMVPは Iさんに決定。

「俺は巨人が大嫌い。長嶋がキライなんだ。」

みんな「じゃどこファン?」

「野村、南海」(Iさんは北海道出身)

みんな「ふーん」

「子供の頃からひねくれていたから・・巨人・大鵬・玉子焼じゃねぇんだ」

「南海・柏戸・目玉焼き だったんだ」

爆笑&うまい!

5時から開始のこの飲み会。
「おっ、いけねえ、もう8時だ。」

平均年齢50オーバーの面子

早い切り上げも持ち味なのだ。
不具合品
2017.04.04
「不良品」は多くの関係者に迷惑をかける。

部品の一部にそれが発見された。

早速、T商事にむかう。

担当Sさん「お話は聞いています、修理可能です。」

ワタシ「明日には納品もあるので、今日直りますか?」

Sさん「今日の今日はキツイ」(←キツイのはこっち)
「では完了したら連絡します。(つまりは取りに来い)」

再訪問
Kさん「Sは接客中でして私が・・・これはひどいです」

童心-浅草橋を何往復しただろうか。

それでも
「さっきいらっしゃた時に修理済み品、渡すの忘れちゃいました(照れ)」と、
なかなか残酷なことを平気でのたまう。

ワタシ「とにかくできあがったら持ってきて!」
Sさん・・無言・・つまりは「取りに来い」

時間も集荷のリミットを過ぎ、明日の持ち込みを覚悟した頃催促する。
Sさん「いやぁ~接客中でして・・・・」
まるで被害者。ワタシはクレーマー。

ここ、

またやる

と思う。

あづま 火事になった(なってしまった)
2017.04.04
先週金曜日・31日(月末)

「まだかかるから(一応月末なので)飯喰うか」
「何にしよう?」

ワタシとK「純レバ丼!!」

浅草・すし屋通りに「あづま」という中華屋さんがある。
元気で気のいいオヤジさんが切り盛りをするこのお店、例の「汚ミシュラン」で一瞬全国区となった。

水木曜が休みという「あづま」が、
昨日、火事になった。


一夜明けた今朝も焼け焦げた炭のような臭いがあたりにはしている。

あのオヤジさんは無事だったろうか?
ご家族もみんな大事なかっただったろうか?

お店とともに「純レバ丼は当分食べられないナ」
時々お世話になるワレワレにも喪失感がただようのであった。

復帰を望みます。

全線開通の常磐道で仙台へ
2017.03.25
東京-仙台間の高速道路をクルマで移動するには
今や2つの選択肢がある。

ご存じ東北道と
2015年に全面開通をした常磐道である。

Googleマップによれば
東北道使用で359km
対して常磐道が343km
したがって第一候補は短いほうとなる。

ただし、いわき中央から岩沼までの131km間は1車線の対面通行。
よって復旧工事のトラックの後ろにつくと、60km以下の走行に耐えなければならない。(←文句言うな!!)

情報のない7年前のナビを無視しながらひたすら進む。

常磐富岡~浪江間は現在もなお「帰宅困難区域」があるエリア。
20kmおきに放射線モニター表示がある。

0.1マイクロシーベルト/時間から始まり、
双葉町でその数字も3.4になっていた。

緊急時のヨード剤ももらえない中年のワタシにはどってことない。
(ほとんどの世代にも大丈夫)
でも同乗者に小さな子供がいたら躊躇するかもしれない。

景色といえば、積み上げられた汚染土の黒い袋と空き家ばかり。
しかしそれはみな整然といており、荒廃とは程遠い。
むしろ「未来」を感じさせるものだった。
これは関係者のみなさんの配慮とご努力によるものと思われる。

三郷から200kmあたり、ならはPAで休憩。

「ん?なんだこりゃ」

水道の蛇口がミツマタになっている。


dyson・ダイソンだ!

真ん中の蛇口で手洗いを済ませ、斜めに広げると乾燥風が出てくる仕掛け。
別装備の乾燥機もダイソン。


かっこいい。

福島のみなさん。
常磐道は進んでますよ。

本日の結論
やはり130kmに渡る1車線はキツイ。
仙台へは東北道でいかがでしょう。
付け加えると、常磐道には積雪の心配は少ない。
ノーマルタイヤでの冬季には常磐道でどうでしょう。

追記:福島のみなさま、復興の成果はもうすぐそこです。
どこかのHリゾートのH社長の「福島には県名を変えるくらいの気概が必要だ!(エヘン)」・・・なんて気にせんで元気にお過ごしください。



松屋のカレーがうまい!
2017.03.24
牛丼といえば、
○吉野屋
×松屋
(あくまで個人の感想です)

「うーなんか気持ち悪い」
昨晩のウイスキーが、微量ながら未だ全身に循環している。

ワタシはなぜか酔った翌日は異常にお腹がすく。
お腹がすきすぎて「気もワル」になるのだ。
そしてカレーが食べたくなる。

数週間前のこと、
K「なんか松屋のカレーが食べたくなって・・・・・」の言葉を思い出し、
浅草・寿司屋通りにある松屋で、初めてのカレーを注文した。


結論:うまい!

好物のココイチとはまた違い、
コクのある一品となっている。

ポテトサラダを奢るが、これもイイ。
それにカレー+味噌汁が意表をつく。

最近範ちゅうが狭くなる一方のお昼の献立に
晴れて加わったのであった。

- CafeNote -