松屋のカレーがうまい!
2017.03.24
牛丼といえば、
○吉野屋
×松屋
(あくまで個人の感想です)

「うーなんか気持ち悪い」
昨晩のウイスキーが、微量ながら未だ全身に循環している。

ワタシはなぜか酔った翌日は異常にお腹がすく。
お腹がすきすぎて「気もワル」になるのだ。
そしてカレーが食べたくなる。

数週間前のこと、
K「なんか松屋のカレーが食べたくなって・・・・・」の言葉を思い出し、
浅草・寿司屋通りにある松屋で、初めてのカレーを注文した。


結論:うまい!

好物のココイチとはまた違い、
コクのある一品となっている。

ポテトサラダを奢るが、これもイイ。
それにカレー+味噌汁が意表をつく。

最近範ちゅうが狭くなる一方のお昼の献立に
晴れて加わったのであった。
C4ピカソ ショック取り替え完了
2017.03.13
パーツも購入し準備万端。そしてその交換が完了した。

お世話になったのは、
くるま屋なかむら さん。


WEBの評価どおりてきぱきと仕事をこなしていただいた。

でも通常のクルマなら1時間で完了かもしれない。
ピカソの場合、ワイパーのモーターを外す必要がある。またそこまでたどり着くまで、込み入った作業が必要だった。このたいへんさは素人のワタシでも観ていてわかった。
担当の方も終わるなり「このクルマ、たいへん!」


↑こちらは純正。
そして↓がモンロー


なかむらさん「そんなに固いかなぁ?」と取り外した純正サスを押してみる。
以前、立て続けにC4のショック交換を請け負ったが、みなさんの理由が「固い」からだったそうだ。

ショックとスタビライザーリンクロッドの交換で、1時間40分。

わくわくしながら乗ってみると、
意外にも、確かに少々柔らかくしなやかになっている。
ただ「引き締まり感」は絶妙で満足な仕上がりとなった。

特に最近感じていた、収まりの悪いユラユラ・ローリングが激減。これは先人たちがWEBで推すように、スタビライザーリンクロッドの絶大なる効果なのかもしれない。
帰りの首都高でも、新車時に感じたカーブでのオンザレール・リニア感を久々に味わうことができた。

これでまた当分このクルマに付き合うことができるな。(新型のピカソ・ディーゼルに後ろ髪を引かれながら)

くるま屋なかむら さん、たいへんお世話になりました。
また何かありましたら、よろしくお願いします。
ダイソンでもマキタでもない!
2017.03.10
溺愛するダイソン。
そしてハンディなマキタ。

家庭では「掃除鬼」と呼ばれるこのワタシに強力な仲間が加わった。

「座敷ほうき」

その特性、弾力を使ってゴミを掃き出すのにうってつけ。
いきなりのアナログではあるが、現在ドレス縫製にいそがしい我が家の居間。
その掃除に威力を発揮してくれるハズだ。

購入は、泪橋交差点近くの
”暮らしの竹かご屋・明治四十年創業・市川商店”


ワタシの自転車通勤路にあるが、店頭の”ほうき”が以前より気になっていた。

このお店、ご年配の方がお相手かなと思いきや、若いご主人がいらっしゃった。
「オヤジのやり方はもう古いよ!!」・・とかなんとかのやりとりがあった末、
若い感覚で商売を構築中・・・とも感じた。


さっそく「掃いて」みる。
ワタシもカミサンも「お出かけですかぁ~レレ・・・・」と発するのをこらえたのである。
レターパックは鹿児島も翌日配達!
2017.03.09

オフィスでないと困る物は多々あるが、
最近仲間入りした必需品が、
郵便の「レターパック」@¥360

ある日のこと(その1)
鹿児島から電話「今日届いた部材ですが・・・」

なんと。前日出したばかりなのに翌日の今日届いているー。(感激!)

ある日のこと(その2/鹿児島翌日配達の謎を解くできごと)
郵便局の方「童心様でいらっしゃいますか。本日お出しいただきましたレターパックにつきまして・・」

要点はこうだ。
同封物の品名欄に「付属品」とかいてしまった。
詳しく知りたいとのこと。

「レターパックは航空貨物でして・・・」

なるほど。航空便なんだ。(普通郵便もそうなのかな?)
電池なんかはNGなわけね。
ハッキリ書かなくちゃ。

事務所在庫の最後の1通を田原町本局に出し、ついでに購入。
今日も全力の笑顔で出迎えてくれるジョアンナに10枚注文したのだった。

注:「ジョアンナ」中国行きのEMSを持って行くと、なぜだかいつもフランス行きにしたがるため命名。

早い!安い!レターパックは童心にとってなくてはならない備品となっている。

追記:「レターパックで現金送れ」はすべて詐欺です!  の強烈なコピーが苦悩をも表しているのだった。


ウォーレン・ベイティは悪くない・・と思う。
2017.03.01
違う封筒って言ったって、渡されたんだから読んじゃうよね。
(読み上げたのはフェイダナウェイ)

彼だって「おかしい」と戸惑う様子がうかがえた。

でも正しいカードをウォーレンから奪いとった、ジョーダン・ホロビッツって何様なんだ。
収拾つかなくしたのは、このジョーダンって人と大人げない発言の「ムーンライト」の監督だ。

ところで、

いつから、ウォーレン・ビューティーはウォーレン・ベイティになったんだ?

追記:スプリームスも。(ワレワレ世代はシュープリームス)
C4ピカソ ショックとスタビライザーリンクを交換することに
2017.02.28
気のせいではない!
絶対運転席側が高くなっている。

走行距離 約85000km。振り返ればショックなど一度も交換したことはない。
ショックを疑うしかない。
てなわけでショックアブソーバー交換を決めた。ちなみにリアはエアサスなのでフロントのみ。

その交換をディーラーに相談するも
担当者「替えられないことはありませんが、替えたことはありません」
という驚愕の事実。(ウソだろ)
よそでやってくれってことか。

WEBでさまようと日暮里に交換可能なお店を発見。早速の問い合わせには、
「部品で約6万、工賃5万=およそ11万で承ります」

高すぎる!

幸いにも部品は、モンロー製で税込み2万7千円ちょいで発見。
あとはどこが交換作業をしてくれるかだ。

そしてついに発見。(お店の名前は交換後)
問い合わせれば「可能です。1万3千円で承ります」・・という救いのお言葉。加えて先人たちの評価がすこぶる高い、スタビライザーリンクの交換も決めた。

C4ピカソ用は明記がないが、兄弟車・プジョー5008用のマイレ製強化版をセット・7700円で購入。


この子たちがどんな効果をもたらすのか、期待がふくらむのであった。

交換終了後、また報告します。


- CafeNote -