薬 3日分のワケ
2017.02.14
まだ治らん。風邪

今回処方された抗生物質。

薬局の人「3日分です。良くなったと思っても必ず飲みきってくださいね。途中で止めると逆効果ですから」

ワタシ「・・・・・・・・・・・・・・」

過去に薬をもらうと
「次回のためにチョイトとっておこう」・・と貧乏くささを出すのであったが。

こういうことらしい。
3日分で効力は7日
具合がよくなって「薬、もういいや」となると
死滅しきってない菌が復活どころか、対抗性をもって進化する危険があるのだそーだ。

なるほど。
処方されたら全部飲もうね。

ちなみに世界初の「抗生物質」は、
1928年、アオカビから見つけられた「ペニシリン」だそーな。

フレミングさん、えらい!
(見つけたことも、自分の名をつけなかった奥ゆかしさも)
風邪ひいた!
2017.02.13
原因はわかっている。

金曜の夜、酔っぱらって帰ってきて、
シャツとパンツ(←下着じゃないほう)、ネクタイをぬいで「ゴロン」

通常の家庭のカミサン
「ほらほら、風邪ひきますよ。」・・・と毛布をかけるなり、起こして風呂でもうながすなりする。

ワタシのカミサン
1時間後、「あれ?そこにいたんだ。もう寝るの?」

全身・上下 ユニクロのヒートテックのみに身を包み。
我が家でも比較的寒い畳の部屋で、TVリモコンを片手に息絶えている旦那を観た素直な感想と思われる。

そっからがいけない。

土日で治らず、本日・月曜、
ワタシが絶大なる信頼を寄せる「中村医院」に出向いた。
(先生のPCカルテには、ワタシの前回の健診は2015年になっていた。)

先生「インフルではなさそうですね」

寒気もひどくなかったのに、37.2°Cの微熱と知って
病人モードが炸裂する。

結果、抗生物質も含む3種類の薬を処方されることになる。

薬局では・・・・・
数年前なら活力みなぎるワタシをみて
薬剤師さん「新薬にしますね。あなたに効きそう~」  だったのが、
顔も貧相だったのか
「ジェネリックでいいですか。その身なりなら」・・と的確なご判断。

会社に戻れば・・
いたわる感じもなく
K「○○さんの伝票起伝もれがあったそうです。なにやってんですか。バッカじゃないの。だから風邪もひくじゃないすか」・・・・・と聞こえた。

イイことない!
今夜で治してやる!



最近のセールストーク ○○電信電話 そのま□ま百貨店
2017.02.08
童心も一応会社なので
電話セールスは結構かかってくる。

従来のパターン
「・・・ですが社長さんいらっしゃいますか?」
「・・・ですが人事担当の方いらっしゃいますか?」・・・などなど。
投資、証券などから、コピー機、はたまたLED照明まで。

今朝のセールス電話はなかなか新しい。

・無料で(先人達曰く「タダよりこわいものはない」)
・県の委託で
・中国市場への足がかり
・事業マッチング(顧客紹介)
・ショッピングモールでの販売も(手数料なし)
・東京への足がかり
・県から委託された事業ですので・・・(繰り返し)

と、よくもまぁ中小企業のオヤジが飛びつきそうな様々な単語を駆使したもんだ。

ぜひ30分ほどお時間を。・・と言うもんだから・・危うくOKしょうとした
次の瞬間!

セールスマンさん「ただ一つだけお願いがございます。個人情報保護法により、紹介するお客様の情報管理のため、独自のソフトをお使いいただき・・・・・月々¥○○○○○ が発生いたします。」

旬な〆は「個人情報」か。
やはり。
この長電話の時間を返せ!

○○県からのをうたうのだから、
しっかりこういう輩を管理しろよ。

県名までは言わないが、

どげんかせんといかん!・・だろ。
ドラえもんフェイスパック
2017.02.05
なんでも長男の嫁からもらったそーだ。

こういう姿になるときは、
ちゃんと「宣言」をしてからにしていただきたい。

真っ先に頭をよぎった言葉は・・・・・・・


「悪霊退散!!」

お値段どおり・・・○○リ
2017.02.03


ども相性が悪いらしい。

その①
7~8年前
こちら○○リ・草加店(当時は都内になかった)くんだりまで出向き、組み立て棚を購入。

自宅で作業に入ると・・・棚板が1枚足りない。
早速お店に電話すると・・・
お店の人・男性「店は午後9時までやってます。どうぞ取りに来てください」

「取りに来い!?」

ワタシ「○×△□・・・」(比較的憤った言葉)

そのお店の人「じゃぁお持ちします」

その②
子供用衣紋掛けを購入。
やはり棒が1本足りない。→電話して・・・・「部品いりません。捨てます!」(男らしい!&大人げなーい)

それ以来我が家では
「お値段どおり○○リ」・・という名称に変わった。

そして昨日
ベッドマットを購入(性懲りもなく)
カミサン「あれっ?」
空気穴。他は真ちゅうらしき金具での縁取りがあるのだが、1箇所、生地に穴が開いただけになっていた。みっともなく。

またまた電話
オペレーターさん「来週に代わりの品物をお持ちいたします。よろしければ、それまではその商品をどうぞお使いください」

検品はきっと相変わらずだが・・・・・
クレーム処理は確実な進歩をとげていた。

でも我が家の評価は変わらず
「お値段どおり・・・○○リ」

安くてイイ品物なんだけど・・・ちょっぴり何か、どこかが抜けている。・・気がする。
マキタ CL103DX
2017.02.01

自転車の次は・・・・・
掃除機ダ!!

15年は使っている事務所の掃除機がどーもいけない。
音はF1並だがスピードは軽トラ。
カーペットにへばりつく糸くずには見向きをせず
モーターだけはうなりをあげていた。

そこで、
マキタ CL103DX
大安の本日・2/1に着任。

充電式なのでちょっと汚れを見つけた時や、
事務所に訪問していただいたお客さんに、
「あれっ糸くずがついていますよ。取って差し上げましょ」とか、

マネージャーSが毎度まき散らす
せんべいカスをその横から吸い上げるのに便利。

生地や糸で汚れがちなミシン周りには
大活躍が予想される。

今までの掃除機の今後は、
現在までの功績を加味しながら
大物吸いに現状保持か、はたまた戦力外通告なのか

決めていきたい。(大袈裟)

- CafeNote -